>>TOPに戻る


あなたや家族の健康に役立つ!
<健康情報特集B>
体に必要な油とは?


体を健康に保つには、油ものは控えたほうがいいという話はよく聞きます。

しかし、反対に健康のためには必要な油、積極的に摂った方がよい油もあります。

それは、オメガ3(アルファリノレン酸)といわれる必須脂肪酸です。

「必須」というのは、人間の体で作り出すことができないため食べ物から摂取しなければならない、私たちの体に絶対に必要という意味です。

オメガ3が含まれるのは亜麻仁油、えごま油、シソ油、グリーンナッツオイルなどですが、その中にも亜麻仁油はとても多くのオメガ3脂肪酸を含んでいます。

亜麻仁油を飲むだけで脳がさえ、女性のホルモンバランスを整えたり、美容にもいいといわれています。

なぜ脳がさえるかというと、脳はいわば油の塊でできており、必須脂肪酸をベースに構成されているのですが、その内訳はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が1:1の比率となっています。

オメガ6も食べ物から摂取しなければならないのですが、これはごま油、なたね油、コーン油などポピュラーな油に含まれていますので、意識しなくとも普段の生活で充分に摂取できているでしょう。

ですので、なかなか普段摂ることのできないオメガ3の方はどうしても不足しがちになってしまいます。

亜麻仁油のほかにも、オメガ3脂肪酸を摂取できるのが魚です。

しかし魚だけで必要量のオメガ3を摂り込もうとすると今度は動物性タンパク質が過剰になってしまうため、やはり亜麻仁油で摂りいれるのが一番よいでしょう。

ただし、オメガ3は加熱すると過酸化脂質とう毒物に変わってしまうため、亜麻仁油を使う際はドレッシングにしたりそのまま飲んだりと、生のまま摂取するようにしましょう。


ホームに戻る



ウエルネスジャパン株式会社
フコイダン健康堂

Copyrightc2011
byWELLNESSJAPAN Co.ltd.
Allrightsreserved.